アルパカ製品のお手入れ方法

当社のニットコレクションは、染料を使わない天然色のフリースにより作られています。

より良いコンディションを維持するために、以下の点を参考にしてください。

 

通気

衣類を椅子などの平らな場所に広げ通気することによって、ふっくらと肌触りが良くなります。

 

手洗い

必ずウール専用洗剤を使用してください。

ニットを裏返しにして、ぬるま湯に10分ほどつけ置き、その後やさしく押し洗いしてください。決して絞ったり、こすったり、伸ばしたりしないでください。


すすぎ

綺麗なぬるま湯にかえて、やさしくすすぎます。この時も絞ったり、こすったり、伸ばしたりしないように注意してください。

 

乾燥

すすぎ後、きれいなタオルの上に平らに置きます。そのタオルごと丸めて軽く絞り、余分な水分をきります。その後乾いたタオルの上に広げ、必要であればまだ水分が残っている間にやさしく形を整えます。

直射日光や熱を避けて乾燥させます。

乾燥機の使用やドライクリーニングは避けてください。

ニットウエアが型崩れした場合には、ウール用の洗剤を入れたぬるま湯に15分ほどつけ置き、上記の方法に従って、もう一度洗って乾燥させてください。


 

ピリング(毛玉)

天然のニットウエアの場合、毛玉ができることは避けられません。もし、毛玉の処理を行う場合には、手や毛玉専用のくしなどを用いて、編み目を引っかけないように注意しながらやさしく取り除いてください。

 

シミ

汚れがついた場合には、直ちにシミ抜きを行ってください。ただし、シミ抜きに使う液体は、必ずそのニットウエアの目立たない部分でパッチテストを行ってから使用してください。

ドライクリーニング用の液体か、ユーカリ油などのシミ抜き液を用い、シミが広がらないように内側に向かって少量ずつ軽くたたいていきます。

その後は水ですすぎ、上記の⑵から⑷の手順に従って洗濯してください。


保管

洗濯後は、ハンガーに吊るさず、きれいにたたんで保管してください。密閉型の容器に入れて保管することもできます。アルパカは、羊毛とは違ってラノリンオイルを含んでいないので、虫が付くことはないのですが、念のため、ラベンダー、ローズマリー、月桂樹のような天然の防虫剤を直接衣類に付着しない方法でタンスや容器に入れておくことをお勧めします。

Copyright 2017 Annkea Alpacas all rights reserved